○○ Top ○○

真昼の月ではイヌ吉がBLもしくはMLの小説・イラスト・マンガを趣味で書いております。
必ず初めに左スペースの「はじめに」をお読み下さい!
Since 20130801
 
※日付が変わっているのに「最新の更新」がその日付のものに変わっていない時でも、左スペースのカレンダーの色が変わっている場合は、新しい記事が更新されています。カレンダーを押すか、ページをスクロールしていただければ新しい記事が出てきますので、試してみて下さい。お手数ですが宜しくお願いします!


 ○○ 最新の更新 ○○

<温泉に行こう!>結晶シリーズ 初回
小田原旅行(「愛には野望がつきもので」参照)の仲直り旅行として箱根の老舗高級旅館にお泊まりに来た大竹と設楽。だが大竹先生ときた日にゃぁ……(ΦдΦメ)
  高校教師×大学生 老舗高級旅館 温泉 浴衣    

結晶シリーズの目次はこちらです。


名簿を作りました。分かりづらくなったら、こちらをご覧下さい。


<光のさす方へ> 初回
大切な物を失い、生きる気力を無くしていたヒロを拾ったのは、頬に傷を持つ男だった……。   
  ヤクザ×ヤクザ 親友 兄貴 再生   

「ここが世界の……」シリーズの目次はこちらです。


名簿を作りました。分かりづらくなったら、こちらをご覧下さい。


コメントのお返事ページの見方や、Topページの見方を載せておきました。良かったらご確認下さい!

スマホ表示への切り替え方を載せておきました。良かったらご確認下さい!



0820:光のさす方へ 19
0819:光のさす方へ 18
0818:光のさす方へ 17
0817:光のさす方へ 16
0816:光のさす方へ 15
0815:光のさす方へ 14


web拍手・コメントへのお礼・返信はこちらから!! 0819up
※メールアドレスをご記入下さった方には、メールでお返事差し上げています。

イラスト等は画像倉庫に格納しています。

よろしかったらフォローお願いします。妄想と日常を垂れ流しているツイッターです(笑)

アカウント@inu___kichi

光のさす方へ 19

2018.08.20 Monday 08:00
0

     ◇◇◇ ◇◇◇


     組事務所に戻ると、ヒロは車を修理屋に持っていくように言われ、すぐにそちらへ向かった。
     向かった先は個人経営の修理場で、表には何台もの車が修理を待って、行儀良く停められている。

     桐生の車は工場の奥へ動かすように指示された。そこには他の車の姿は見えず、表にはいなかったひょろりと背の高いオヤジが1人立っていた。オヤジは「自分のことはおっさんって呼べよ」とだけ言うと桐生の車のへこみをぽんぽんと叩き、「桐生さんの車にしちゃ、今日は軽いな」と頷いた。

    「すぐ何とかしちゃうからって、桐生さんに伝えておいて」
    「はい」

     工場の奥には廃車をプレスする為の施設などもあるようで、結構な工場のようだ。

    「あんた、新人だね」
    「はい。桐生の兄貴にお世話になっているヒロです。運転を言いつかることが多いので、今後もこちらにお邪魔するかと思います。その際はよろしくお願いします」

     ヒロがきっちりと頭を下げると、おっさんはヒロの顔をしげしげと眺め、「へぇ」と笑った。

    「あんた、どこかで見たような顔だな」
    「っ!」
    「俺はあんたの走り、好きだったんだけどなぁ」

     おっさんのニヤニヤと意地の悪い笑顔。車の整備を生業としているのなら、モーターレースに興味があってもおかしくはないだろう。自分のことを知っている奴がいるだろう事は分かっていたが、目の前でその事を言われると、今はまだきつい。それでもヒロは、顔色を変えないようにと奥歯を食いしばった。

    「まだまだ堅気の匂いがプンプンするな。だが、桐生さんが連れてきたんなら、どっかに見所でもあるんだろう。まぁ、なんかあったら俺に声を掛けな。事故車輌を無かったことにしたり、人間ごとプレスしちゃったりするのもお手のモンだから」

     男は本気だか冗談だか分からないようなことを言って、喉の奥で笑った。

     

     あり得ないような台詞だが、ヒロはそれを素直に受け入れた。なるほど、ここはそういう場所か。

    「分かりました」
     ヒロが素直に頭を下げると、おっさんは、今度は少しだけ驚いたような顔をした。

    「なんだよ、兄ちゃん、びびんないの?」
    「いや、自分の知らない世界なんで、一から勉強中です。そういうモンだと言われたら、俺はただ覚えていくだけなんで」
    「あはは、さすが桜沢選手だ。でもあんた、たまには人を疑うことも覚えなよ。ヤクザなんて嘘つきの塊なんだから」

     おっさんは楽しそうに笑うと、ヒロに缶コーヒーを1本ご馳走してくれた。

    「だが、上のモンに絶対服従ってのは良いね。桐生さんについてる限りは間違いねぇや。あんた、出世するよ」

     おっさんはそう言ってヒロの腕を叩いたが、出世と言われてもヒロには何の感慨も湧かなかった。組長と、そして桐生の信頼を勝ち得て、死に場所を与えて貰う。ヒロの目標はそれだけだ。


     ただ1つ分かったのは、その死に場所はでかければでかい方が良いらしい。見栄を張って、でかい舞台で堂々と死ぬ。それが自分を見込んでくれた桐生に対する恩返しだ。

     さっきのあの男のような、下らない犬死にだけは絶対にしちゃならない。

     ヒロは甘い缶コーヒーを飲みながら、腹の中でそう誓った。


      ◇◇◇ ◇◇◇

     

     

    <次> <戻る> <初回>  <名簿> <目次> <総合目次> <トップ>

     

     

    いつもポチありがとうございます!とても励みになります!
    ランキングも頑張っておりますので、もし良ければ村の方もポチっていただけると喜びます!(๑╹ω╹๑ )


    にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
    にほんブログ村


      

     

    妄想を垂れ流しているツイッターです(笑)

    アカウント@inu___kichi

    小説専門サイト・カクヨムに登録しています。

    当blogのお話置き場として少しずつアップしていく予定です。
    まだ未読のお話がありましたら、ぜひご覧下さい。
    →→→カクヨム:イヌ吉

     

    JUGEMテーマ:JUNE/BL/ML


    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    はじめに
    真昼の月ではイヌ吉がBLもしくはMLの小説・イラスト・マンガを趣味で書いております。
    下克上やオヤジ受け、年の差カップルが大好物です。スーツとか眼鏡属性も高いです。 BLとかMLとかやおいとかいわれるジャンルですので、ご不快に思われる方、生理的に受け付けない方、嫌いな方はご遠慮願います。
    また、露骨な性描写が含まれるので、18才未満、または高校生以下の方の閲覧はできませんのでよろしくお願いします。
    誹謗中傷とかもご遠慮願います。かなりリトルハートです。
    完全にオリジナルの一次創作を置いておりますので、実在する団体や個人等とは全く関係がありませんので、よろしくお願いします。
    当blogのサイト内のイラスト・マンガ・小説の無断転載・二次加工・トレースなどは禁止させていただいています。

    総合目次はこちらからどうぞ!


    イヌ吉にお話しのある際は、下にあるメッセージか、web拍手か、
    inukichidog☆gmail.com の「☆」の部分を「@」に変えて、メールにてお願いします。

    とても励みになるので、ぜひぽちっとお願いします。
    にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
    にほんブログ村

    ↑ お礼画像・2017.06.11up

    web拍手やメッセージへのお返事は、トップページからリンクしています。blog上部の「真昼の月」というタイトルを押すとトップページに移動します。

    お気軽にメッセ下さい
    カウンター


    1,500,000HIT、
    ありがとうございました!!

    次のキリ番は
    2,000,000でお願いします!

    にほんblog村
    にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
    にほんブログ村

    twitter
    妄想や日常を呟いております。


    スマホ表示はこちらを押して下さい!
    ※こちらの切り替えボタンは、
    スマホからのみ有効です。
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM