n
○○ Top ○○

真昼の月ではイヌ吉がBLもしくはMLの小説・イラスト・マンガを趣味で書いております。
必ず初めに左スペースの「はじめに」をお読み下さい!
Since 20130801
 
※日付が変わっているのに「最新の更新」がその日付のものに変わっていない時でも、左スペースのカレンダーの色が変わっている場合は、新しい記事が更新されています。カレンダーを押すか、ページをスクロールしていただければ新しい記事が出てきますので、試してみて下さい。お手数ですが宜しくお願いします!


 ○○ 最新の更新 ○○

<赤く光る海>結晶シリーズ 初回
夏休み直前、是枝に「河津の別荘を見に行かないか?」と誘われた設楽と大竹と宮嶋。設楽と宮嶋は断固反対するが、大竹は気乗りのようで……。 
    高校教師×大学生 経営コンサルタント×カリスマ予備校教師 親友 別荘 夏休み       

結晶シリーズの目次はこちらです。


名簿を作りました。分かりづらくなったら、こちらをご覧下さい。


<ある夏の日> 初回
今年の夏の隠密旅行は海に近い山あいの田舎町。衛の車をヒロが運転しているのだが、そこで待っているのは……
  ヤクザ×弁護士 ヤクザ×ヤクザ 旅行 イチャイチャ ラブラブ  

「ここが世界の……」シリーズの目次はこちらです。


名簿を作りました。分かりづらくなったら、こちらをご覧下さい。


コメントのお返事ページの見方や、Topページの見方を載せておきました。良かったらご確認下さい!

スマホ表示への切り替え方を載せておきました。良かったらご確認下さい!



0809:ある夏の日 9(完)
0808:ある夏の日 8(R-18)
0807:ある夏の日 7
0806:ある夏の日 6
0805:ある夏の日 5(R-18)
0804:ある夏の日 4(R-18)


web拍手・コメントへのお礼・返信はこちらから!! 0903up
※メールアドレスをご記入下さった方には、メールでお返事差し上げています。

イラスト等は画像倉庫に格納しています。

よろしかったらフォローお願いします。妄想と日常を垂れ流しているツイッターです(笑)

アカウント@inu___kichi

日高千湖様からまたまたお祝いをいただいてしまいました!!

2019.08.23 Friday 08:00
0

    皆様、いつも「真昼の月」に遊びに来て下さり、ありがとうございます!!

     

    実はですね!実はですね!!

    タイトルの通り、なんと「夢見月夜曲」の日高千湖様から、6周年記念のお祝いのお話をいただいてしまいました!!

     

    これは以前、日高さんからお祝いにいただいたお話の続きのお話となっております。

    少々前のお話になりますので、そちらのお話にもリンクを貼っておきますね!!

     

     

    >>>2016年の当blog開設3周年記念に寄せて贈って下さったお話はこちら!!

     

    >>>2017年、「同じ空の下で」の最終回に寄せて贈って下さったお話はこちら!!

     

     

     

    今回も、またまた「夢見月夜曲」のまあちゃんとヒロオミさんが遊びに来て下さいましたよ!!

    嬉しい!メッチャ嬉しいです!!日高さん、ありがとうございます!!

     

    ということで、今回も僭越ながら、お話の末尾にイヌめがイラストを添えさせていただきました!!

     

     

    では、イヌの話はこのくらいにして、さっそくお話をお送り致しますね!!

     

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

     真樹がパソコンの前で睨めっこしている。

    ・・・嫌な予感。

    「真樹。もうすぐ出勤時間だぞ」

    「ああ、うん。わかってる」

     ノートパソコンの向こうから真樹の目だけが見える。薄茶色のビー玉のような瞳がチラッと俺を見たが、またすぐにパソコンに目を戻した。こんなふうに真剣にパソコンを見ている真樹には要注意だ。

    「そろそろ準備しないと間に合わないぞ」

    「ああ、うん。着ていく服は決まってるから大丈夫」

     真樹は今、《インカローズ》という店を任されいる。

     前のオーナーがうちの会社に、「廃業するから《インカローズ》を買わないか?」と話を持ち掛けた時から、真樹は自分の貯金で《インカローズ》を手に入れようと画策していた。しっかり者の彼は、《インカローズ》1軒くらいは居抜きで買えるくらいの金を貯金していたのだ。

     だが《インカローズ》は古い店だ。インテリアを買い換えて、買値の倍はしそうな改装費が必要だと聞いた彼は、店を自分の物にするのはすぐに諦めて「店長」に就任した。

     売り上げは上々。心配して損した、と皆が言うくらい順調に店を運営している。もちろん山下やうちの副店長の土師がサポートしているからなんだけどね。

     現在の彼の不満は、「売り上げ金の全てが僕の懐に入ってこない事」だそうだ。

    「真樹。遅刻するぞ」

    「はーい!」

     返事だけで真樹は動かない。

    「何を見てるんだ?」

    「うん。これ」

    「ん?」

     ああ、いかん。真樹の後ろからパソコンを見た俺は、手を額にあてた。

     これは例のイヌ吉大先生のBL小説ブログじゃないか?

    「ねっ!綺麗でしょう!」

    「・・・」

     俺が返事をしないから、真樹は俺の袖を掴んで前に引っ張った。

    「よく見てよ!綺麗でしょう?」

    「ああ、うん。綺麗だね」

    「いいな〜!」

     ピンクの薔薇を敷き詰めた上に、男が二人寝転んでいる。俺にはわかる。徹夜して読んだからな。これは設楽くんと衛さんだ。

     首を傾げると、真樹は「わかんないの?」という顔をして俺を見た。いかん、いかん。ここは同調しておかねば。

    「ああ、いいな。綺麗だ。イヌ吉大先生はイラストがお上手だな」

    「ねっ?そう思うでしょう!イヌ吉大先生は天才なんだから!ピンクの薔薇の上でお昼寝タイム、って素敵だと思わない?」

     いや、寝てない。微笑んでるだけだ。

    「ああ、いいね」

    「ねえ!」

    「ん?」

    「ねえ!」

     この感じ、嫌な予感しかない。

    「なんだよ?」

    「僕も薔薇のお布団でお昼寝したいなあ〜!」

     だから、寝てないし。

    「チクチクするぞ。棘があるから」

     ここはネガティブキャンペーンしかない。

    「棘?」

    「棘」

    「それって、お花屋さんが取ってくれるんだよ?知らないの?」

     出たよ。そういう知識だけはちゃんとあるんだから。

    「ああ、そうだったな」

     ええっと、他には・・・。

    「ねえ!」

    「はい」

    「ねえってば!」

     足をバタバタさせながら、「ねえってば〜!」と繰り返す真樹。可愛いんだが、次に何を言い出すか不安しかない。

    「はい、はい」

    「もうっ!ヒロオミさん『はい』は一回だよ?二回言うと山下店長に叱れられるよ?」

    「はい」

    「買って?」

    「へっ?」

    「ピンクの薔薇!いーっぱい!」

    「ああ、いいぞ」

     そのくらいはお安い御用だ。

    「何本だ?」

     俺はスマホを取り出して、花屋に注文メールを送る。

    「うーん。100?」

    「足りないだろ」

    「じゃあ、300」

    「はい、300ね」

    「それからカメラマンを呼んで」

    「えっ?」

    「一緒に写真、撮ろうよ」

    「えっ?俺も?」

    「当たり前じゃない!」

    「俺も?」

    「そう、ヒロオミさんも!」

    「・・・でもここに受け2人って書いてあるぞ」

    「それから、白いシャツと。あっ、僕のはヒラヒラフリルとリボンもお願いね」

     『受け2人』を完全にスルーされた。

    「はい」

    「ヒロオミさんは」

    「普通のでいいだろ?」

    「ダーメ!王子さまみたいなのがいーい!」

     俺には似合わんぞ、真樹。

     
    「ねっ?」
     
    「わかった」

     どうして俺が宝塚の男役みたいなシャツを着て写真を撮らなきゃならんのだ?

     俺の不満には全く気付かない真樹は、すでに開いてあった買いたいシャツの商品ページを「ここのこれと、これと」と指を差す。

    「ねっ?素敵でしょう?」

    「ああ、素敵だね。完全再現ってやつだな」

     勘弁してよ。

    「そうなんだ!ワクワクしちゃう!じゃ、後はよろしくね!僕はお仕事に行ってきます!ヒロオミさん、遅刻しないようにね!山下店長が鬼のような顔をしてやって来るからね!」

    「えっ?」

     疾風のように出勤した真樹。

     もしかしてこれって、帰宅した時には薔薇とカメラマンをスタンバイしておけよ、ってことか?俺はパソコンの画像を眺めながら溜息を吐いた。

     イヌ吉大先生。とんでもない絵をUPしてくださって、ありがとうございました。と、コメントを書きましたとさ。


    ------------------------------------------


    にゃ〜〜〜〜!!!
    ありがとうございます!!ニヤニヤが!!ニヤニヤが止まりません!!!
    ということで、薔薇の花に囲まれたおふたりの写真がこちらになります!!!
    (イメージ壊したら本当に申し訳ないです💦💦)



     日高様からお祝いのコメントもいただいております!

    ******

    「イヌ吉さま、6周年おめでとうございます!!うちのまあちゃんが連載が始まるのを楽しみにしておりましたよ!正座をして読んでいた彼が画面を見ながらブツブツ申しますのでね。ちょっと文字にしてみました。ご笑納くださいませ♪」

    ******


    日高様!!ありがとうございます!!
    いつもまあちゃんには過分にお褒めいただいて、イヌ吉、身に余り光栄で変な汗が出て来そうですよ!!

    実はこのお話をいただいたときに、可愛い裏話が添えられておりました!
    そちらも日高さんのご許可の元、載せさせていただきますね!!


    ******

    「いきなり準備が出来るわけがないのに、まあちゃんのムチャ振りには困ってしまいますよね。
    ヒロオミさんも出勤前なので、髪はオールバックでパリッと決めております。「花びらは上からヒラヒラと散らしてよ?」等と、注文をつけられてヒロオミさんは大変でしょうね。
    一応は「よーく見てみろ?こっちはTシャツじゃないか?」的な抵抗も試みるわけですが、最後には押し切られるという。」

    ******


    いやもう、この一文はセットで読んでいただかないと!!!
    あぁもう、可愛すぎる!!可愛すぎるカップルですよ!!!

    ヒロオミさん、毎度毎度のまあちゃんの無茶振りに対してなにげにちゃんと応えてらっしゃるこの甘々っぷりが堪りません!!!
    ヒロオミさんがまあちゃんの為に、徹夜でうちのblogを読んで下さったとかもうメッチャ嬉しいです!!

    そしてこのすげないツッコミ!!!あぁあぁぁ!!!ご褒美ですご褒美ですヒロオミさん!ごちそうさまです!!!

    そしてフリルシャツv.s.宝塚シャツ!!
    い、い、イカす!!!

    もう、ピン○ハウスとか大好きなので(や、見るのがですよ……!!)、まあちゃんのフリルシャツは描いてて異様に楽しかったです!!!

    宝塚のシャツは、ネットで探して「こういうのですか?」と日高さんにお伺い立ててみたのですが、これで大丈夫ですか、まあちゃん!?実は宝塚のシャツ、美しすぎて描けなくて、家にあったベルばら外伝でオスカル様が着ていたシャツを参考に描いてみました💦 まあちゃん、許して〜〜!!!

    あぁあぁぁぁ!!それにしても、いつもビシッとスーツのヒロオミさんがフリフリのシャツ着てるとか!!興奮で鼻血トルネードですよ!!!もうどうしよう!!メッチャ楽しく描かせていただきました!!

    ありがとうございます日高さん!!!

    日高さんのblogも素敵企画の真っ最中で、お忙しい中こんな可愛らしいお話をプレゼントして下さり、本当にありがとうございます!!
    ワタクシも『夢見月夜曲』70万HITの際には……!と、野望を企てておりますよ!!

    日高さん、ほんとうにありがとうございました!!!

    あ!皆様!コメント欄を開けておきますので!!
    日高様への感想等々はこちらのコメント欄にお願いします!!

     

    非公開希望の場合は、イヌ吉が責任を持ちまして、日高様にコメントをお届けしますね!!

     



    最後にもう1度、日高様のステキblogへのリンクを貼らせていただきます!


      >>>日高千湖様:『夢見月夜曲』<<<

    日高様のblogにいらっしゃるときは、どうぞ皆様、大人の笑顔でお願いします!!
     

     

    ※なお、この小説の著作権は日高様に帰属しております。 無断転載や無断配布、文章の加工などは、絶対におやめ下さい。

     一応イヌの挿絵も著作権は放棄していないので、一緒にお願いします。

     

     イヌ吉拝


     <総合目次> <トップ>

     

     

    いつもポチありがとうございます!とても励みになります!

    ランキングも頑張っておりますので、もし良ければ村の方もポチっていただけると喜びます!(๑╹ω╹๑ )


    にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
    にほんブログ村


      

     

    妄想を垂れ流しているツイッターです(笑)

    アカウント@inu___kichi

    BL小説・マンガ投稿サイト【fujossy】に登録しています。

    当blogのお話を、夜10時ごろアップしていく予定です。

    表紙は書き下ろしになります。
    まだ未読のお話がありましたら、ぜひご覧下さい。
    →→→【fujossy】イヌ吉

     

    JUGEMテーマ:JUNE/BL/ML

    category:お礼 | by:イヌ吉comments(3)trackbacks(0) | -

    Calender
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    はじめに
    真昼の月ではイヌ吉がBLもしくはMLの小説・イラスト・マンガを趣味で書いております。
    下克上やオヤジ受け、年の差カップルが大好物です。スーツとか眼鏡属性も高いです。 BLとかMLとかやおいとかいわれるジャンルですので、ご不快に思われる方、生理的に受け付けない方、嫌いな方はご遠慮願います。
    また、露骨な性描写が含まれるので、18才未満、または高校生以下の方の閲覧はできませんのでよろしくお願いします。
    誹謗中傷とかもご遠慮願います。かなりリトルハートです。
    完全にオリジナルの一次創作を置いておりますので、実在する団体や個人等とは全く関係がありませんので、よろしくお願いします。
    当blogのサイト内のイラスト・マンガ・小説の無断転載・二次加工・トレースなどは禁止させていただいています。

    総合目次はこちらからどうぞ!


    イヌ吉にお話しのある際は、下にあるメッセージか、web拍手か、
    inukichidog☆gmail.com の「☆」の部分を「@」に変えて、メールにてお願いします。

    とても励みになるので、ぜひぽちっとお願いします。
    にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
    にほんブログ村

    ↑ お礼画像・2018.09.07up

    web拍手やメッセージへのお返事は、トップページからリンクしています。blog上部の「真昼の月」というタイトルを押すとトップページに移動します。

    お気軽にメッセ下さい
    カウンター


    1,500,000HIT、
    ありがとうございました!!

    次のキリ番は
    2,000,000でお願いします!

    にほんblog村
    twitter
    妄想や日常を呟いております。


    スマホ表示はこちらを押して下さい!
    ※こちらの切り替えボタンは、
    スマホからのみ有効です。
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 日高千湖様からまたまたお祝いをいただいてしまいました!!
      イヌ吉
    • 日高千湖様からまたまたお祝いをいただいてしまいました!!
      はるりん
    • 日高千湖様からまたまたお祝いをいただいてしまいました!!
      はるりん
    • ある夏の日 9(完)
      イヌ吉
    • ある夏の日 9(完)
      イヌ吉
    • ある夏の日 9(完)
      イヌ吉
    • ある夏の日 9(完)
      はるりん
    • ある夏の日 9(完)
    • 赤く光る海 59(完)
      イヌ吉
    • 赤く光る海 59(完)
      イヌ吉
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM