n
○○ Top ○○

真昼の月ではイヌ吉がBLもしくはMLの小説・イラスト・マンガを趣味で書いております。
必ず初めに左スペースの「はじめに」をお読み下さい!
Since 20130801
 
※日付が変わっているのに「最新の更新」がその日付のものに変わっていない時でも、左スペースのカレンダーの色が変わっている場合は、新しい記事が更新されています。カレンダーを押すか、ページをスクロールしていただければ新しい記事が出てきますので、試してみて下さい。お手数ですが宜しくお願いします!


 ○○ 最新の更新 ○○

<薔薇の盛りの頃に>結晶シリーズ 初回
是枝との結婚式を挙げるために、ダーチャに招待された宮嶋と是枝。「結婚式の前にやり残したことはないの?」バチェラーパーティーでそう言われた宮嶋が選んだ事とは……。
    経営コンサルタント×カリスマ予備校教師 結婚式 親友 別荘 バチェラーパーティー      
 結晶シリーズの目次はこちらです。


名簿を作りました。分かりづらくなったら、こちらをご覧下さい。


<ある夏の日> 初回
今年の夏の隠密旅行は海に近い山あいの田舎町。衛の車をヒロが運転しているのだが、そこで待っているのは……
  ヤクザ×弁護士 ヤクザ×ヤクザ 旅行 イチャイチャ ラブラブ  
「ここが世界の……」シリーズの目次はこちらです。


名簿を作りました。分かりづらくなったら、こちらをご覧下さい。


コメントのお返事ページの見方や、Topページの見方を載せておきました。良かったらご確認下さい!

スマホ表示への切り替え方を載せておきました。良かったらご確認下さい!



0526:薔薇の盛りの頃に 31(完)
0525:薔薇の盛りの頃に 30
0524:薔薇の盛りの頃に 29
0523:薔薇の盛りの頃に 28
0522:薔薇の盛りの頃に 27
0521:薔薇の盛りの頃に 26(R18)


web拍手・コメントへのお礼・返信はこちらから!! 0601up
※メールアドレスをご記入下さった方には、メールでお返事差し上げています。

イラスト等は画像倉庫に格納しています。

よろしかったらフォローお願いします。妄想と日常を垂れ流しているツイッターです(笑)

アカウント@inu___kichi

薔薇の盛りの頃に 31(完)

2020.05.26 Tuesday 08:00
0

    「ダメです。これ以上は、うちに帰ってからですって……、ね?」

     そっと頬に手を添えて顔を離させると、是枝は名残惜しそうに、やっと宮嶋から離れてくれた。

    「……もう、なんでいきなりこんな真似を……」
    「だって仕方ないだろう?君があんまり可愛いことを言うから」
    「そ…っ!そんな事言ってません!」

     そんな、急に是枝が盛り上がるようなことを言った覚えはないのに、そう言われてしまうと急に顔に血が上って、宮嶋は思わず下を向いてしまった。

    「も…10代の若造じゃないんだから、やめて下さい」
    「君を前にすると、どうにも抑えが利かなくてね」
    「……もうっ!」

     どうして良いのか分からなくて、宮嶋は是枝に背を向けて、窓の外に視線を向けた。
     こんなことをされて、思わず歓んでしまう自分が、恥ずかしすぎる。なんと返事をして良いのかも分からない。

    「……こっちを見てないで、早く車を出して下さい。ダーチャの皆に追いつかれちゃったら、なんて言い訳するんですか」
    「その時は啓介の魅力に抗えなかったからって、本当のことを言うよ」
    「……バカですか!?もう!!」

     赤くなって怒る宮嶋を嬉しそうに見つめて、是枝は再び宮嶋を抱き寄せると、こめかみにチュッとキスをして、それから運転を再開した。
     これで少しは安全か。宮嶋はホッと息をつくと、もう1度窓の外に視線をやり、それからそっと目を閉じた。

     瞼の裏に、この3日間の景色が流れていく。

     初めて見たダーチャの素晴らしい景色。
     自分を家族のように迎えてくれた優しい人達。
     大竹と2人で乗ったオートバイ。
     煌めく塩沢湖の水面。
     バラの花びらが舞うホテルの庭と、静謐な空気を湛えた図書室。
     父親である大竹と歩いたバージンロード。

     そうしてその手から是枝に手渡されたときの胸の震え。

     美しい花々の中で皆に祝福されて、そうしてバラの花びらに埋もれるようにして迎えた、伴侶となって初めての夜。

     その全てが特別で、素晴らしい経験だった。

     ダーチャのメンバーは、大昔に何度か酒を飲んだくらいの宮嶋に対しても、まるで昔から馴染んだ仲間のように接してくれた。あんなに笑い合ったり、遠慮なく軽口を叩き合ったことが、今迄にあっただろうか。

    「……本当に、楽しかったな……」

     そういえば、宮嶋と是枝がMr.オーガスタの別荘に滞在している、という事実は、Ёlysionの会員達にももう知れ渡っていた。岸本達が泊まったことがある、という話も、だ。

     それを『オーナーの特別なお客様』と捉えられると少々厄介かと思っていたが、彼らは鷹揚に笑うだけだった。多分『オーナーの特別なお客様』ではなく、『大竹の気のおけない友人』だからだと、正しく理解されているのだろう。

     だが、大竹の親しい友人はオーナーの個人的な別荘に招待されてもおかしくない───そういう認識が出来上がっていることは、ひょっとしたら憂慮すべき事なのではないか───。

    「……慎也、このままでいくと、マジでЁlysionに取り込まれるぞ……」


     誰に言った訳でもない呟きは車窓の外に流れていった。

    「啓介、高速のサービスエリアに着いたら起こすから、少し眠ってしまいなさい」
     是枝の優しい声に目を開ける。そうして振り返ると、慈しむ目をした是枝と目が合った。

    「ええ、斎和さん。ありがとう」
     そう言って、宮嶋は目を閉じた。

     ふんわりと、幸せな眠りが降りてくる。
     Ёlysionのことは、すっかり頭から追い出され、宮嶋はただ、是枝の気配に全身を浸されていった。

     この穏やかな空気。これから自分を包むのは、この空気なのだと胸を震わせながら。


       〜終わり〜

     

    <次> <戻る> <初回>  <名簿> <目次> <総合目次> <トップ>

     

    皆様、『薔薇の盛りの頃に』全31回、これにて終了でございます!

    というか、『Violetta』から続く長かった「大竹先生と設楽君と宮嶋さんの部」に、やっとやっとエンドマークが打てたのではないかと思っております!!

     

    もうこの3人についてはどの話でもどの話でも同じことを語っているような気がするのであまりくどくならないようにしたいのですが、設楽君、宮嶋さん、そして大竹先生のこともご声援下さいまして本当にありがとございました!!

    皆様からの応援のお言葉を頼りに、やっとここまでたどり着くことができました!本当にありがとうございました!!

     

    さて、『薔薇の盛りの頃に』に話を戻しますと、私は宮嶋さん、以前にも書いたと思うのですが、後発スタートで幸せを掴みに行くのだから、うんと宮嶋さんを甘やかしてくれる攻め様にうんと甘やかして貰って欲しいと常々思っておりました。でも宮嶋さんの意地っ張りな所が……!!と思っていたのですが、ちょ、ちょっと宮嶋さん、デレてるじゃん!特に夜の宮嶋さんにツンがないよ!?どうしたの宮嶋さん!!というくらい、今回するすると2人がデレてくれまして、自分でもビックリしております。

     

    いや、ひょっとしたら皆様もビックリされたかもしれません……💦 でもほら、是枝さんと宮嶋さん、付き合い始めてから結構長いんですよね。そして「まぁ、そこまで言うなら結婚式しても良いですよ?」と思うほどにはラブラブなんだから、意外ともっと前から夜は結構ラブラブだったの!?などと、書き手でありながら1番ビックリなのはイヌでありますいやマジで(笑)

     

    皆様、いかがだったでしょうか。ちょっとこの宮嶋さんのお話というのはいつもドキドキしてしまうのですが……少しでも皆様に楽しんでいただけたなら嬉しいです。

     

     

    そして「結晶シリーズ」に目を移しますと、昨日の「+お知らせ」にも書きましたが、「結晶シリーズ」も大分終盤にさしかかって参りました。

    これからの1話1話を大切に、大竹先生と設楽君のこれからのことを書いていきたいと思っております。

    どうかこれからもお付き合いのほど、よろしくお願いします!!

     

     

    さて。最終回なのでいつも通りコメント欄を開いておきますね。

    足跡代わりに「っていうかお前バイクの話いい加減にしろや!!」だけでも良いので書き込んでいただけますと、イヌまっしぐらに喜びます!!(っていうか、本当にごめんなさい……orz)

     

    トップページから見るとコメント欄が開いていませんので、もしトップページからご覧になっている方は、こちらをクリックして個別ページに飛んでもらえると、コメント欄に行かれると思います。



    コメントは承認制となっております。ワタクシが「公開」ボタンを押さないと反映されないので、時間差があることをご了承下さい。非公開ご希望の方はその旨お書き下されば、公開することはいたしません。

    なお、イヌ吉はものすごいチキンなので、怖いメッセージの場合、非公開のままにしてしまうこともありますので、ご了承下さいませ。

    それでは皆様、『薔薇の盛りの頃に』全31話にお付き合い下さいまして、本当にありがとうございました!


      イヌ吉拝 

     

     

     

    いつもポチありがとうございます!とても励みになります!

    ランキングも頑張っておりますので、もし良ければ村の方もポチっていただけると喜びます!(๑╹ω╹๑ )


    にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
    にほんブログ村


      

     

    妄想を垂れ流しているツイッターです(笑)

    アカウント@inu___kichi

    BL小説・マンガ投稿サイト【fujossy】に登録しています。

    当blogのお話をアップしていく予定です。

    表紙は書き下ろしになります。
    まだ未読のお話がありましたら、ぜひご覧下さい。
    →→→【fujossy】イヌ吉

     

    JUGEMテーマ:JUNE/BL/ML


    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    はじめに
    真昼の月ではイヌ吉がBLもしくはMLの小説・イラスト・マンガを趣味で書いております。
    下克上やオヤジ受け、年の差カップルが大好物です。スーツとか眼鏡属性も高いです。 BLとかMLとかやおいとかいわれるジャンルですので、ご不快に思われる方、生理的に受け付けない方、嫌いな方はご遠慮願います。
    また、露骨な性描写が含まれるので、18才未満、または高校生以下の方の閲覧はできませんのでよろしくお願いします。
    誹謗中傷とかもご遠慮願います。かなりリトルハートです。
    完全にオリジナルの一次創作を置いておりますので、実在する団体や個人等とは全く関係がありませんので、よろしくお願いします。
    当blogのサイト内のイラスト・マンガ・小説の無断転載・二次加工・トレースなどは禁止させていただいています。

    総合目次はこちらからどうぞ!


    イヌ吉にお話しのある際は、下にあるメッセージか、web拍手か、
    inukichidog☆gmail.com の「☆」の部分を「@」に変えて、メールにてお願いします。

    とても励みになるので、ぜひぽちっとお願いします。
    にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
    にほんブログ村

    ↑ お礼画像・2018.09.07up

    web拍手やメッセージへのお返事は、トップページからリンクしています。blog上部の「真昼の月」というタイトルを押すとトップページに移動します。

    お気軽にメッセ下さい
    カウンター


    1,500,000HIT、
    ありがとうございました!!

    次のキリ番は
    2,000,000でお願いします!

    にほんblog村
    twitter
    妄想や日常を呟いております。


    スマホ表示はこちらを押して下さい!
    ※こちらの切り替えボタンは、
    スマホからのみ有効です。
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 薔薇の盛りの頃に 31(完)
      イヌ吉
    • 薔薇の盛りの頃に 31(完)
      さき
    • 薔薇の盛りの頃に 31(完)
      イヌ吉
    • 薔薇の盛りの頃に 31(完)
      イヌ吉
    • 薔薇の盛りの頃に 31(完)
      イヌ吉
    • 薔薇の盛りの頃に 31(完)
      イヌ吉
    • 薔薇の盛りの頃に 31(完)
    • 薔薇の盛りの頃に 31(完)
      マツヒロ
    • 薔薇の盛りの頃に 31(完)
      はるりん
    • 隣に住むひと 31 (完)
      イヌ吉
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM